片手剣vsゴア・マガラ(下位)

ゴア・マガラ

片手剣

MH4のパッケージにも描かれる今作のメインモンスター的存在で、狂竜病ウィルスを撒き散らすゴア・マガラ。

空中から飛びかかって来る事もありますが、基本はナルガクルガのような地を這うようなスタイルが主体です。(もちろん別モンスターなので、全く同じ動きではありませんが。)

何よりナルガクルガと大きく違うのは、狂竜病を発症させる【黒い霧】を発生させる点。

触れただけで狂竜病ウィルスに感染し、攻撃を続けないと狂竜病を発病してしまい、下位モンスターとは思えないほど目に見えて体力をエグり取られる事になってしまいます。

しかし、片手剣のように接近戦を余儀なくされる武器では、このウィルスに触れずに戦うの事は至難の業!

そこで感染回避はあきらめ、こちらも手数でゴリゴリ押し込んでいきましょう。(手数を入れる事でウィルス克服も出来ますしね。)

ちなみに攻撃ポイントは【後ろ脚】。
特に【腹下に入り込んで後ろ脚を切りつける】事で、尻尾が引っかかる事もなく、比較的連続攻撃が入りやすいです。

また動作に円運動が多いゴア・マガラは、部位破壊をやや狙いにくく、ピンポイントを狙う場合には、武器を納めてダッシュで追いかけても2、3撃当たるかどうかの場合も多々あります。

そういった場合は、段差攻撃を使って転倒させたり、遠方への3方向ブレス中(弾状の黒霧を吐く)などに、身体が固定され目標部位を狙い易くなるので、的確に攻撃をヒットさせましょう。
※ただし3方向ブレスと似たような動作で、前面一帯を爆発させるブレス攻撃もあるので、黒霧がゴア・マガラ前面に広がった場合には、即時腹下や、目に見える黒霧よりハンター3人分ほど遠くに距離を取りましょう。(緊急回避をしても回避地点で爆発に触れるとダメージ&感染してしまいますので注意が必要。)

ちなみに戦闘中でも距離を大きく空けたり、突進飛行時のゴア・マガラの直線的な攻撃ラインと十字に交差する形で攻撃を避ければ、回復や研ぎが割と出来ちゃったりします。

見た目の迫力にオドらされず、冷静に、かつ的確に戦闘を優位に運びましょう。

JOE

2013年09月20日

58

編集

連絡

SNSボタン